中学時代の初めての彼氏との初恋の思い出

中学時代の初めての彼氏との初恋の思い出

中学時代の初めての彼氏との初恋の思い出

恋愛、特に初めての恋愛とは想い出として深く心に刻まれるものです。私は学校からも家族からも反対され、2人を応援してくれる人は友達のごく一部しかいませんでした。

 

なぜ、お互いが純粋に愛し合っているだけなのに、ここまで学校からも嫌がらせのように別れさせようとされ、静かに見守ってもらえないのか?他の人達は何も言われる事なく付き合っているのに…と、まだまだ若かった小さな心は2人で孤独でした。

 

結局、一学年上だった彼は高校に進学してしまい、1人残されても先生方からしつこく呼び出されたら、別れたかの確認が来たり。2人だったら耐えられていた事も。1人では耐えきれなくなり、なぜなのか別れを選択してしまったのです。

 

その様な悲しい経験から、自分の子供にはどんな人と付き合おうが初恋は大切に親として守ってあげたい。と言う気持ちがとても強いです。家族として素敵な想い出を残してあげたいから、そんな初恋が始まったら、誰よりも応援する味方でいてあげたい。

 

そんな思いでいっぱいです。素敵な初恋はいつ終わりを告げてしまうかわからないもの。周りの大人が邪魔をして壊す権利なんてないと思うんです。ぜひ、初恋から恋人に変わり付き合い始めたお子さんをお持ちの方。初めて無条件で好きになった相手なんです。

 

温かく見守ってあげてください。応援してあげてください。若い小さな恋が少しでも続くように、相談にもなってあげられる体制があったら、素晴らしいな。と感じます。

ホーム RSS購読 サイトマップ